古新聞紙で革靴の湿気を取る

ビジネスマンは、必ず革靴を履くことが習慣になっています。
しかし、毎日、同じ革靴を履き続けていると靴の中が蒸れ始めて、嫌な臭いになってきます。できれば、2、3足の革靴をローテションさせながら、履き換えていくことで、蒸れをできるだけ防ぐことが大事です。
しかし、宿泊の出張等で同じ靴を平気で何日間も履き続けている人も少なくありません。
そんな人にいいのが、古新聞紙です。
仕事が終わってから靴を脱いだ後は、古新聞紙を丸めて、靴の中に入れておくのです。
そうすることによって、嫌な臭いとともに湿気も吸収してくれるのです。
また、新聞社には独特のインクが使われているので、消臭にもOKなのです。 
また、革靴の中に10万円もする高級品も含まれていますが、このような靴でも使い続けていうちに、臭いをきつくなってくることが多いのです。
この時に古新聞紙を使えば、湿気取りも簡単に行える方法ですが、インクによる消臭のやらも役割をしっかりとフォローできるように、していくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です