自分の健康は自分の足を揉んで守る

身体の健康を守るには、自分の足を自分で揉むことです。エステやサロンに行く前にまずは自分で自分の足を揉むことが病気の予防にもなります。毎日歯を磨くように、毎日足を揉みます。揉んで足を柔らかくすることです。揉むのはちょっと難しいと思う方は、丁寧に足にクリームを馴染ませるような感覚です。準備するものは、足揉み用のクリームです。足揉み用のクリームが無ければ、ボディークリームなどご自分の普段使っているクリームを用意してください。
1、まずたっぷりと両手にクリームをつけて足裏の踵→土踏まず→上部→指の付け根の順番ですり込んでいきます。強めに押すようにすり込みます。
2、親指→人指し指→中指→薬指→小指の1本1本丁寧にクリームをすり込みます。指先のてっぺんもクリームをすり込んでください。
3、足の甲は普段靴で締めつけられているので甲を広げるようにクリームをすり込みます。足首周り→踝周りも骨のきわを丁寧にクリームをすり込んでください。足首を回しながらするとストレッチにもなります。
4、親指から内側の踵までのライン→小指から外側の踵までのラインをクリームをすり込みます。
全体にやっているうちに、足も身体も温かくなるのを感じるはずです。コツコツと毎日続けていると足が柔らかくなってきます。お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です