家がひと様に見せられるレベルに片付く、ちょっとしたコツ

断舎離して物量を減らし、全ての物の置き場所を決めて、床に「とりあえず直置き」してる物はなくなったし、出したものはきちんと元の場所に戻している。
それなのに、それなのにどうして、我が家はゴチャっとした生活感が消えないの?
…そんな悩みのある方はいませんか。

家をひと様に見せられるレベルまですっきり綺麗に片づけるには、コツがあるんです。
物を隠す?秘密の部屋を作る? いやいや、そんな子供だましじゃありません。

そのコツとは「同じ種類のものは一ヶ所にまとめる」です。
たった、これだけ!!!

例えばひとつの家に、ペン立てが3ヶ所、カバン置き場が3ヶ所、脱いだ服を一時的に入れる場所が2ヶ所、おもちゃ置き場が3ヶ所、こどもの服を置く場所が2ヶ所、本棚が2ヶ所、CDやDVDの収納場所が2ヶ所、アクセサリーを「見せる収納」してる場所が2ヶ所あるとします。その家はもう、どんなに一所懸命片づけてもゴチャ感が消えることはありません。

思い切って、それらの置き場所を1ヶ所ずつにして下さい。物理的に1ヶ所でまとまらない場合は、さらなる断舎離が必要ということ。

そうやって「同じ種類の物が1ヶ所にまとまっている」状態になると、あら不思議。家からゴチャゴチャ感が消えて、ひと様に見せても恥ずかしくないお家に大変身します。

「ひと様に見せられるスッキリ綺麗な家」を実現するのに、目隠しカーテンや秘密のお部屋は不要です。
ぜひお試し下さい!

節約について

じぶんは現在でありますが30歳の男性会社員をおこなっております。じぶんは現在は一人暮らしをおこなっており、いろいろな節約について非常にはまっております。じぶんの節約術について説明をしたいと思います。じぶんは電気代などが月々でありますが、平均で15000円ほどかかっております。夏場に関しては熱い時期であるので、20000円前後となってしまうのです。それでじぶんは契約をしている会社でありますが、関西電力さんに契約をおこなっております。関西電力でありますが、世間でも非常に支持を受けている起業となっておりますが、じぶんはそれを乗り換えさせていただきました。それがソフトバンクでんきであります。こちらはいろいろなプランがありますが、携帯代と並行をして支払うことにより、電気代などを大きく削減をすることができるのです。携帯をお持ちの方はそのキャリアに沿った電力会社に乗換えをすることをおすすめさせていただきます。節約になります。

自分の健康は自分の足を揉んで守る

身体の健康を守るには、自分の足を自分で揉むことです。エステやサロンに行く前にまずは自分で自分の足を揉むことが病気の予防にもなります。毎日歯を磨くように、毎日足を揉みます。揉んで足を柔らかくすることです。揉むのはちょっと難しいと思う方は、丁寧に足にクリームを馴染ませるような感覚です。準備するものは、足揉み用のクリームです。足揉み用のクリームが無ければ、ボディークリームなどご自分の普段使っているクリームを用意してください。
1、まずたっぷりと両手にクリームをつけて足裏の踵→土踏まず→上部→指の付け根の順番ですり込んでいきます。強めに押すようにすり込みます。
2、親指→人指し指→中指→薬指→小指の1本1本丁寧にクリームをすり込みます。指先のてっぺんもクリームをすり込んでください。
3、足の甲は普段靴で締めつけられているので甲を広げるようにクリームをすり込みます。足首周り→踝周りも骨のきわを丁寧にクリームをすり込んでください。足首を回しながらするとストレッチにもなります。
4、親指から内側の踵までのライン→小指から外側の踵までのラインをクリームをすり込みます。
全体にやっているうちに、足も身体も温かくなるのを感じるはずです。コツコツと毎日続けていると足が柔らかくなってきます。お試しください。

金券shopを有効利用。

ハガキ・切手を郵便局やコンビになどで買うことが多いと思います。デザインなどきにしなければ、金券shopで買う方が少しですが、安くかえます。切手に関しては、全部の切手を金券shopでおいてあるわけではないので、ご了承ください。

金券shopに行くと、掘り出し物があったりもします。
映画のチケットやスポーツ観戦のチケットなどもあったりします。
定価で買うのもいいのですが、少しでも安く買いたいと思うならば金券shopを利用するのも一つだと思います。

金券ショップといってもいろいろあります。
お店によって、売られているもののジャンルが違います。
たまに新聞広告だったりチラシなどでハイツてくる場合もあります。
行く前に、あらかじめどんなものがおいてあるのかを調べておいた方がいいかもしれませんね。いったはいいけど、思ったものがおいてある金券shopでなかったら、残念なことになってしまいますよね。そういうことにならないためにも、多少お店の情報を知っておいた方がいいように思えます。

古新聞紙で革靴の湿気を取る

ビジネスマンは、必ず革靴を履くことが習慣になっています。
しかし、毎日、同じ革靴を履き続けていると靴の中が蒸れ始めて、嫌な臭いになってきます。できれば、2、3足の革靴をローテションさせながら、履き換えていくことで、蒸れをできるだけ防ぐことが大事です。
しかし、宿泊の出張等で同じ靴を平気で何日間も履き続けている人も少なくありません。
そんな人にいいのが、古新聞紙です。
仕事が終わってから靴を脱いだ後は、古新聞紙を丸めて、靴の中に入れておくのです。
そうすることによって、嫌な臭いとともに湿気も吸収してくれるのです。
また、新聞社には独特のインクが使われているので、消臭にもOKなのです。 
また、革靴の中に10万円もする高級品も含まれていますが、このような靴でも使い続けていうちに、臭いをきつくなってくることが多いのです。
この時に古新聞紙を使えば、湿気取りも簡単に行える方法ですが、インクによる消臭のやらも役割をしっかりとフォローできるように、していくことが必要です。

お米の研ぎ汁を洗剤代わりに利用

1日3食を作り食卓に並べること。
主婦のお仕事にしては、毎日、毎回家族の栄養と美味しい味を作り出すことは、とても大変なことだと思います。
また、食事を作ったのも束の間、食べた後の食器洗いや片付けも意外と面倒で大変でしょう。
ここは家族分担で洗い物を手伝うことで、お母さんの負担を少しでも減らすことを考えてあげると、とても嬉しいものです。
しかし、せっかく洗うにしても、しつこい油汚れで洗剤をたくさん使って、水もジャンジャン流すと、水道代もバカになりません。
食器の油汚れを落とすには、洗剤を使う他に良い方法があります。
それはお米の研ぎ汁です。 
ご飯を炊く前にお米を研ぐことになりますが、そこで出てきた研ぎ汁を捨てずに取っておくのです。
研ぎ汁は、ボールの中にでも貯めておいて下さい。
そして、食後の汚れた食器をその研ぎ汁に浸けるだけなのです。
そうすることで、油汚れがかなりきれいに落ちるのです。
それでも気になる人は、軽く洗剤で残った汚れを洗います。
少しの洗剤だけで頑固な汚れがサッパリと無くなります。

【簡単】お風呂の水垢を予防する方法

お風呂の鏡についた水垢っていつの間にかついて、しかも、お風呂用洗剤ではなかなか落ちませんよね。

悩んでいる方も多いと思います。

お風呂の鏡についた汚れの正体は水の中に入っているミネラル分が石化したもので、アルカリ性のとても頑固な汚れです。

なんでも、酷い状態になるとプロのハウスクリーニングでも手を焼くくらいだとか……。

プロでも手を焼くくらい頑固なこの水垢汚れですが、実は予防することはとっても簡単だということをご存知でしょうか。

水垢がつく原因は鏡に水がついていることなので、それを手っ取り早く落としてしまえばいいのです。

タオルで拭いているという人も多いと思いますが、どうしても水気が残ってしまっていませんか?

今は掃除用の水切りワイパーや結露取りワイパーというものが販売されていて、それらを使えばもっと徹底的に鏡の水気を落とすことが可能です。

毎日のお風呂上りにこのワイパーでサッと鏡の表面を撫でてあげるだけで水垢が予防出来るので、習慣になってしまえば掃除をするよりも楽ですよ。

能率的な拭き掃除を考える

昨今はフローリングの家が増えました。
アレルギーの人も増加し、ホコリ対策がいっそう大事になってきました。
同時にほこり対策のグッズが世にあふれてきました。自分もあれこれと試してみました。
フローリングワイパーは、その構造上、ある程度高価な物の方が、取り残しが少ないです。
安物もありますが、取り残しが多いと結局は時間も労力もかかり、非効率的です。
また、ワイパーのシートも高い物の方が厚みもあり、効率的にホコリが取れます。
ただ掃除中に空気中に舞うホコリのことも考慮した方が良いと思います。
フローリングワイパーを使っていると、その際にホコリはある程度舞ってしまいます。まずはウエットタイプでする方がホコリは立ちにくいです。
自分の試行錯誤の結果としては、昔ながらの「雑巾がけ」に勝る物は今の時点ではなさそうです。
まず、厚みが十分にある・ホコリと汚れが同時に取れる・洗えば繰り返し使えてコスパが良い・作業中にホコリが立ちにくい・目線が床の近くなので、細かい汚れやホコリやゴミを確認しながらできるなど、メリットは多いです。使い古しのタオルをそのまま使います。
縫ってしまったら、洗った後の乾燥に時間がかかります。

洗濯物の匂い

梅雨の時期や、気温の低い日が続いた時の部屋干しした洗濯物、夏場汗をたくさん吸った洗濯物は何度洗濯機で洗ってもひどい匂いがしますよね。
年中洗濯物の臭いで悩まされている私が試して良かった方法、逆に失敗ししてしまった事を紹介します。
まずおススメの方法は、粉末タイプの塩素系漂白剤とぬるま湯にしばらく衣類を付け置きして、後は普通に洗濯する方法。以前は液体タイプで同じ方法をしていたのですが、洗濯した翌日は匂いが取れている様に感じても、またすぐ臭うという繰り返しだったので、液体から粉末に変えてみたところ確実に匂いが取れました。今は大体この方法で匂いを取っていますが、これまで数々の失敗を繰り返しました。その中でも一番の失敗は熱湯を使ったことです。確かに熱湯は殺菌効果があるのか匂いは完全に取れますが、衣類がボロボロになってしまいました。今考えると当たり前の事ですが、毎日臭う洗濯物に囲まれて半ばやけくそでやってしまいました。熱湯をやめてぬるま湯にしたら、衣類も傷まず匂いもすっきりとれました。

クーラーの電気代の節約術っ!

季節柄、クーラーが無いと過ごせない季節となってしまいましたが、クーラーによる電気代の節約術をこれからお教えしたいと思います。
クーラーで一番電気代がかかるのは、部屋の温度が高くなってから冷やす時が一番電気代がかかるものであり、常時同じ温度、例えば28度にしておけばそれほど電気代はかからないのであり、確かに、常時つけっ放しというのは何だか電気代がムダになってしまっている様な気がしますが、部屋をいつも一定の温度に冷やしておく方が電気代は節約できるのです。
その他にもサーキュレーターという小型扇風機があり、これを回しておくと空気が循環するので清涼感を得られ、クーラーの設定温度を上げることが出来るのでこのサーキュレーターも併用するというのもとても有効であり、もちろん扇風機も併用した方がより清涼感が得られるので電気代の節約となります。
とにかく、クーラーはなるべく電源を切らないで部屋の温度を快適に過ごせる程度の温度に保っていたほ方が電気代の節約のためになるのです。